第六章〜パタートーナメント

 学校でゴルフの話をしていると(もっともラウンドもした事はありませんが〜)、友達が興味を 持ち始めました。そこで学校帰りに我が家のパッティンググリーンでみんな練習する様になって 来ました。
 ついに、我が家で日曜日にパタートーナメントが開催される事となりました。たぶん5〜7名 くらいでやっていたと思います。特製のスコアカードを作り、打つ場所を9箇所設定し、それを 2回廻りスコアをつけて行きます。中学1年生としてはとてつもなく楽しかったに違いありません。 トーナメントというくらいですから賞金がかかります。スポンサーはいませんので1人10円を 出して、勝った者がそれを貰うというシステムです。(余り大きな声では言えますが〜!?)

もちろん第1回チャンピオンは大木健司選手でした。
第2回のチャンピオンも大木健司選手でした。
第3回チャンピオンも…。
当時はアイスキャンディが1本10円で買えました。このトーナメントは次第に大木少年の 《生活のカテ》となって行きました〜(^o^)







第五章  第七章


プロフィールトップ
Home