第三章〜野球少年時代!!

 その当時の遊び、スポーツと言ったらやっぱり野球でした。今でも野球はメジャースポーツですが 当時は本当に花形でした。ぼくももちろん野球は好きでしたが少年野球チームでは微妙な位置で レギュラーになれるか、なれないかでベンチでハラハラでした。先発メンバーに入れずベンチで 応援していると、『大木 、3塁に入れ!』。
 『よ〜し!、せっかくのチャンス』と張り切るのですが、守備は上手くこなせても《打てない・・・》。 打っても大きな当たりが出ず、ボテボテ気味の当たりばっかりで・・。パワーの無いぼくにはとても 皆にはかなわないと諦め気味でした。
 そんなぼくの心の中にジワジワと《ゴルフ》というスポーツの3文字がピカピカと点滅を始め出した 12才の夏でした〜!!






第二章  第四章


プロフィールトップ
Home